2016年06月21日

応募音声の音量について

こななちは! 日下です。
昨日に引き続き、応募音声で気になったことを書くよ。

まぁ、だからと誰の役に立つわけでもないけどね( ̄^ ̄)
またこれは日下の超絶に個人的な意見です。
他の企画者さんも一緒だとは思わないでください。

それではまず、気になった点!!

【その1】
音声が割れている。
※音声にビビビとかジジジというノイズ音が入っていたり、耳障りな感じになってしまっていることです
昨日の記事で使ったAudacity2.1.2で確認すると、こんな感じ。


stereo2-1.png


上下の範囲より音声の波形が突き出てしまっているのが確認できるかと思います。
サンプル画像は無理やり弄ったので大げさですが、こんな風に波形が突き出してしまっている場合の多くは音割れをしています。

耳で確認してOKってのはいいのですが、他の人のイヤフォンやヘッドフォンでも同じように聞こえるとは限りません。
選考に不利になる芽はできる限り摘んでから応募するのがいいので、このような波形が確認できた音声では応募しない方がいいと思います。

なお、このような音声になる場合は、インタフェースの入力ボリュームを下げるとか、自身がマイクから少し離れて声を出すとかの方法があります。
自身が離れてしまうと遠くからの声のように聞こえる事があるので、日下は入力のボリュームを下げています。


【その2】
音声が小さい場合。
昔にも少し書いた事があるのですが。。。

音声が小さいと何がいけないのか! ですよね。
とりあえず波形にすると、こんな感じです。
(今回は見えるようにしていますので、この図のボリュームの音声が小さいといっているわけではありません。企画者によって様々ですので、ご注意ください)


○小さいの
stereo2-22png.png


○普通なの
stereo2-3png.png


上の図と、下の図を比べると分かる、上の図の波形が小さい事が分かるかと思います。
これが小さすぎると、どうしても音声のボリュームをアップせざるを得ません。

ほわい!? 

他の人の音声と掛け合わせる際に、片方だけ小さいと気になるからです!!
対面して喋ってるシーンで片方だけ小さい音って、あれですか? 緊張してぼそぼそ喋るとかですか?
キャラが物静かなんだ、そういう喋り方をするんだ! というのも理解できるんですが。。。
どう頑張ってもボイドラは聴覚媒体である以上、なにを喋っているのかが分からないと聞いてもらえません。
台詞を頑張って聞くリスナーさんはいないでしょう。

普通に聞いて聞こえないと、聞いている方は ? となり、そのまま続くとお話が ? となる恐れ大ですよね。
だから、企画者さんたちって音声の調整をしていると思うんです。

さて、で、ですよ。
音声の調整をする際に、小さすぎると何がいけないんだ! です。
まず、音声を大きくすると聞こえなかったはずのホワイトノイズ(図でいうと、何も波形がない真っ直ぐな部分に小さな波形)が現れたりします。
ズーとか、サーとか言う音が聞こえる事が多いです。
そしてこれをカットする為にノイズカットを行うと、なんと! 元々綺麗だった声の部分が、なんだか歪んだ音声のようになるのです。
変にこもった声になったり、キラキラ音が入ったり。

よい編集機材をお持ちの企画者さんでは起きないことかもしれません。
ただ、フリーで編集しようという方の多くがAudacityを使うと聞いた事があって。。。
Audacityのノイズカットは、あまりよいとは思えません(日下の基準です)。
このため選考で誰かと一騎打ち! というときに、この点が考慮対象になったりするかなと。

そんなの気にしないぜ! という企画者さまもいると思います。
あくまでこれは、一つの考え方だと思ってください。


ではでは。

posted by 日下稔 at 10:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: