2016年11月10日

M3の旅行記1 ※2はでません!!



旅行記でも書こう!!


10/28
仕事から帰り、力尽きて寝る。


10/29
5時半起床!
6時のモノレールに乗るために家を脱出! しかし日下氏、配布するCDを忘れたのではないかと思いつく。
慌てて取りに戻るも、ものの数分後、キャリーの中に仕舞ったことを思い出す。

日下「忘れないようにって、入れたんやったー!!」

お馬鹿である。
さてモノレール。
柚羽の姿が見えないため、これは鼻血を出して倒れているに違いないと決めつつ待つ。
寒い。。。
待つ。
と現れた。
鼻血が出ていない、やつは本当に柚羽なのかと疑い見る。
しかし、寒いのに薄着という意味の分からない格好をしていることから柚羽であると決め付ける。

日下「寒そうな格好だ」
柚羽「そう?」
日下「わしの姿、見てみ!?」
柚羽「うん、冬仕様やな」
日下「やろ!!」

柚羽であった。


さて冬支度が早い日下は、温まる格好でモノレールに滑り込む。
そこからはモノレールで45分くらい移動。
途中色々と話したけれど忘れた。

さて着きました空港! いつ来てもでかい。
朝ごはんを食べて、よし搭乗手続きに行くかと意気込むと、なぜか長蛇の列がお出迎え。

日下「何事だ!?」
放送「7:20発 東京行きは、専用レーンでご案内しまーす」
柚羽「専用レーンってどこ? あっち?」
お兄さん「7:20発 東京行きはとりあえず普通の列に並んでいてください」
日下・柚羽「「どっちだよ!!」」

ってのを何回か繰り返して、やっぱり出発時刻がずれた。
柚羽がイルカとシャチに戯れる場所に行く為の行動プランがここで崩壊を見せたのである。

柚羽「11時のバスに乗るはずだったのに。。。」
日下「12時だね」
柚羽「昼ごはん買いにコンビニに!」
日下「もうバス停行かないと間に合わないよ?」
柚羽「ぐう」

東京について12時のバスに乗り、いざ目指すは鴨川シーワールド!
この時点でお昼ご飯を食べる時間がなかったため、道端にあった土産屋でミルクカステラなるものを日下が購入。
そして柚羽に分け与える。
食べる柚羽。
食べる柚羽。
日下の内心(おみゃー。腹へってたんやったら、さっきの所でなんか買わんかぁ!!)

バスに揺られ、参道にて日下が酔い、ふらふらになった頃に着くシーワールド。

海「ざっぱーん!! ざざざ、ざっぱぱぱーん!! どるるるる!」
柚羽・日下「「めっちゃ荒波!?」」

歓迎されてたんでしょうね、天候も微妙に曇っていた。
そしてすかさずイルカのショーへ足を運ぶ柚羽氏。
ちょうど最終ショーが始まるタイミングだった。

日下の感想
 お姉さんとお兄さん、寒そう!!

風がきつい日だったのさ。


で、まぁ、
シャチを見て、でかさに驚いて。
ペンギンを見て笑ったり、クラゲを見て柚羽が興奮したり、色々でした。

フランクフルト途中で飽きて、柚羽にあげたり。
ちんあなごのマグネットを見かけて、さばこさんに渡さないと! と謎の使命感に燃えたり。


さて東京に帰ろう! ケイゴさんが僕らを待っている!!
な時間にバスに乗る。
行きもずれたけど、帰りはずれてくれるなよ? 頼むからな!

バス「あっはーん、高速バスはウミホタルらへんで渋滞よぉv」
日下「ふざけんな!!」

今回の旅行、全部15分ずつずれてるんですよね。
なんなのよ!!


そして愛しのケイゴさんと出会う日下!
ここで流れる曲は

♪目と目がー合う瞬間、すーきだと気づいた〜♪

だろうね。
視界に柚羽がいるのが悔やまれる!!
抹殺してこなかった私が悪いね。


で、魚が食える居酒屋へ行く!
そして注文をする!!
しかし、だ!! 
諸君、女子3人の胃袋をなめていた。。。

出てくる料理の皿、でかい!!
つまり、びこーず? 料理もでかい!

おうまいがっと!!
こんなに食べれるのかってくらい鳥カラ出てきたよ。
私の顔より大きいホッケとか、、、ハーフのハーフでいいよもう!

食べ過ぎた、と絶対に言えるくらいに食べた。
けぷ、とか可愛いのじゃなくて、げふっ、とかでもなくて、げぷー!!! だったよね。
演技についてとかもお話できたので、とてもハッピーv


とりあえずケイゴさんには月島のなにかをお渡ししよう。
キャラを好きになっていただいて、本当に感謝です。


んで話し込んで、バイバイして、道に迷って、なんかよく分からないホテルにチェックインして、寝た。
いやね、ホテルの場所をね、日下も柚羽も勘違いしていて。。。
GPSが示す場所じゃないだろうってことで、うろうろしてしまったのね。
次はきちんと確認してからホテルとろう。


力尽きたからここまで。
続きなどない! 続きがM3だけれど。。。ないったらない!
posted by 日下稔 at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: