2016年11月27日

クレルモン教会会議!! 言い難いぞ!!


日下稔の、思い付き、突発性、ラジオ―!


久しぶりにラジオもどきを録ってみました!


昔からだけれど、喋れないw
そもそもに喋るネタがないですよね。
続くか判りませんが、とりあえず。。。

謝罪を!!


ラジオ内で日下、漢字を間違えて読んでいます。

訳語



やくご

って読んでます。
調べたらこれ、おさって読むらしい?
テキストで変換したら「やくご」で変換できるんだけどなぁ。

まぁ、そんな感じ!





素材はコチラより
BGM:
http://dova-s.jp/bgm/play1696.html
http://dova-s.jp/bgm/play904.html

大元(http://dova-s.jp/【FREE BGM DOVA-SYNDROME 】)
posted by 日下稔 at 20:43 | Comment(0) | 日下のおしゃべりコーナー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

天才と泣き虫なリゲル

時間があいたーよ! ごめんなすって。


 私が疑問に思うのは、なぜ目の前の女性が泣いているかということだ。
 先ほどまで会話をしていたはずだ。星空を模擬的に映し出す機械についての会話を。
 彼女は熱心にメモを取りながらいくつかの疑問を投げかけて、私はそれに応えていた。だというのに泣き出した。意味が分からない。
 専門用語が多かっただろうか、いや一般人の言語レベルに合わせた会話をしたはずだ。ではなにか機嫌を損なうような発言をしたのだろうか。
 一部の人間の間で"天才"などという称号を付けられた私は、少々物言いがきついことがある。むろん自覚しているし、あえてそうすることもあるが、初対面の女性に向かっていきなり棘のある言葉を投げたりはしない。それが学ぶことに必至な相手であれば、なおさらだ。
 誓って言おう、私は彼女にひどい言葉など与えてはいない。
 ではなぜ泣き出すのか。
 泣く女性の前で棒のように立ち尽くす私は憐れと見られるのだろう。だとすれ誰か、救いの声をかけるべきだろう。しかし道行く人は皆、見てみぬふり。凡人どもめ。
 かくいう私も、もし同じような現場に出くわせば無視を決め込むだろうが。
「なぜ泣く」
 気の効いた台詞など吐けない唇は、冷たい言葉を零すだけ。
 彼女が私を見上げた。
「いえ、感動してしまって」
「――は?」


 END


 他人のことが理解できない天才と、ちょっとした感動ですぐに泣いてしまうリゲル(女性)の物語。
 chikaちゃんは天才の方をイメージ!
 ドSな女王様と迷ったけど、こっちで!
posted by 日下稔 at 11:42 | Comment(0) | なんちゃって小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月15日

猫とピアノと僕と孤独

へなちょこクオリティでお送りいたします!



 一人でいられる場所がほしかった。
 愛する人や心を許せる友など必要ない。
 自分に必要なのは美しい旋律を奏でるピアノだけ。それだけあれば生きていける。
 たとえ寄越されるバスケットが少量でも、頭上からミルクを浴びせられても、自分だけが屋根裏に追いやられても、このピアノという楽器に触れられるのであればそれでよかった。

「お前もそう思うだろう? ――なんてな」

 意図的に狙われ傷つけられた指先で白い鍵盤に触れる。
 貧相な指は美しい鍵盤を叩くに相応しくないかもしれない。けれど、これに触れることが許されたのは自分の指だけなのだ。他の誰でもなく、自分だけ。
 ぽーんと小さな音が室内に響く。
 それは日々の雑事で荒れる心を癒してくれた。
 冷たい物置部屋で埃を被っていたグランドピアノ。誰からも興味を示されないかわいそうな楽器。だから自分が使ってやるのだ。自分が奏でればこの楽器は本来の美しさを取り戻す。
 とふと、開いた窓から演奏会の客人が現れた。
 闇を溶かしたようなビロードの毛並み、触れてくれるなと言わんばかりの気ぐらいの高い黄金の瞳。
 彼女はするりと窓から部屋に下りると定位置に座り「さぁ、奏でろ」と、さわり心地のいい尻尾で床を叩いくのだ。

「我が物顔で座ってるけどな、そこは有料席なんだぞ」

 にゃぁと鳴いて催促される。
 しばし沈黙でのにらみ合い。だが再び「にゃあ」と鳴かれると少年は苦笑して椅子に腰掛けた。


 END


 ちなみに彼は、病気になってピアノが弾けなくなって死ぬという結末です。
 ネコだけはそばに居てくれます。
 ネコがなんなのかは、ご想像にお任せです!


posted by 日下稔 at 22:52 | Comment(0) | なんちゃって小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月10日

M3の旅行記1 ※2はでません!!



旅行記でも書こう!!


10/28
仕事から帰り、力尽きて寝る。


10/29
5時半起床!
6時のモノレールに乗るために家を脱出! しかし日下氏、配布するCDを忘れたのではないかと思いつく。
慌てて取りに戻るも、ものの数分後、キャリーの中に仕舞ったことを思い出す。

日下「忘れないようにって、入れたんやったー!!」

お馬鹿である。
さてモノレール。
柚羽の姿が見えないため、これは鼻血を出して倒れているに違いないと決めつつ待つ。
寒い。。。
待つ。
と現れた。
鼻血が出ていない、やつは本当に柚羽なのかと疑い見る。
しかし、寒いのに薄着という意味の分からない格好をしていることから柚羽であると決め付ける。

日下「寒そうな格好だ」
柚羽「そう?」
日下「わしの姿、見てみ!?」
柚羽「うん、冬仕様やな」
日下「やろ!!」

柚羽であった。


さて冬支度が早い日下は、温まる格好でモノレールに滑り込む。
そこからはモノレールで45分くらい移動。
途中色々と話したけれど忘れた。

さて着きました空港! いつ来てもでかい。
朝ごはんを食べて、よし搭乗手続きに行くかと意気込むと、なぜか長蛇の列がお出迎え。

日下「何事だ!?」
放送「7:20発 東京行きは、専用レーンでご案内しまーす」
柚羽「専用レーンってどこ? あっち?」
お兄さん「7:20発 東京行きはとりあえず普通の列に並んでいてください」
日下・柚羽「「どっちだよ!!」」

ってのを何回か繰り返して、やっぱり出発時刻がずれた。
柚羽がイルカとシャチに戯れる場所に行く為の行動プランがここで崩壊を見せたのである。

柚羽「11時のバスに乗るはずだったのに。。。」
日下「12時だね」
柚羽「昼ごはん買いにコンビニに!」
日下「もうバス停行かないと間に合わないよ?」
柚羽「ぐう」

東京について12時のバスに乗り、いざ目指すは鴨川シーワールド!
この時点でお昼ご飯を食べる時間がなかったため、道端にあった土産屋でミルクカステラなるものを日下が購入。
そして柚羽に分け与える。
食べる柚羽。
食べる柚羽。
日下の内心(おみゃー。腹へってたんやったら、さっきの所でなんか買わんかぁ!!)

バスに揺られ、参道にて日下が酔い、ふらふらになった頃に着くシーワールド。

海「ざっぱーん!! ざざざ、ざっぱぱぱーん!! どるるるる!」
柚羽・日下「「めっちゃ荒波!?」」

歓迎されてたんでしょうね、天候も微妙に曇っていた。
そしてすかさずイルカのショーへ足を運ぶ柚羽氏。
ちょうど最終ショーが始まるタイミングだった。

日下の感想
 お姉さんとお兄さん、寒そう!!

風がきつい日だったのさ。


で、まぁ、
シャチを見て、でかさに驚いて。
ペンギンを見て笑ったり、クラゲを見て柚羽が興奮したり、色々でした。

フランクフルト途中で飽きて、柚羽にあげたり。
ちんあなごのマグネットを見かけて、さばこさんに渡さないと! と謎の使命感に燃えたり。


さて東京に帰ろう! ケイゴさんが僕らを待っている!!
な時間にバスに乗る。
行きもずれたけど、帰りはずれてくれるなよ? 頼むからな!

バス「あっはーん、高速バスはウミホタルらへんで渋滞よぉv」
日下「ふざけんな!!」

今回の旅行、全部15分ずつずれてるんですよね。
なんなのよ!!


そして愛しのケイゴさんと出会う日下!
ここで流れる曲は

♪目と目がー合う瞬間、すーきだと気づいた〜♪

だろうね。
視界に柚羽がいるのが悔やまれる!!
抹殺してこなかった私が悪いね。


で、魚が食える居酒屋へ行く!
そして注文をする!!
しかし、だ!! 
諸君、女子3人の胃袋をなめていた。。。

出てくる料理の皿、でかい!!
つまり、びこーず? 料理もでかい!

おうまいがっと!!
こんなに食べれるのかってくらい鳥カラ出てきたよ。
私の顔より大きいホッケとか、、、ハーフのハーフでいいよもう!

食べ過ぎた、と絶対に言えるくらいに食べた。
けぷ、とか可愛いのじゃなくて、げふっ、とかでもなくて、げぷー!!! だったよね。
演技についてとかもお話できたので、とてもハッピーv


とりあえずケイゴさんには月島のなにかをお渡ししよう。
キャラを好きになっていただいて、本当に感謝です。


んで話し込んで、バイバイして、道に迷って、なんかよく分からないホテルにチェックインして、寝た。
いやね、ホテルの場所をね、日下も柚羽も勘違いしていて。。。
GPSが示す場所じゃないだろうってことで、うろうろしてしまったのね。
次はきちんと確認してからホテルとろう。


力尽きたからここまで。
続きなどない! 続きがM3だけれど。。。ないったらない!
posted by 日下稔 at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月01日

M3を終えて


こんばんは、日下です。
さて、先日秋M3が終わりましたねぇ。
AcrossZeroの配布は無事終了しました!


50枚持っていって全部なくなったので、帰りが軽いー! とか思ってたら想像以上にCDをゲッチュウしてしまって。。。
重かった (ノ△・。) コロコロだったけれど!
いやでもマシだよ、昔はノートPCを持って行ってたからアホみたいに重たかったから!
旅行は身軽で行くべきだね! 皆もそうしようね!

今回持って行ったのは

新作 AcrossZero
旧作 前世から君に恋してるっ!?
   ミラージュ
   鬼神館殺人事件(有料)
   What Month Do You Like?(いろはカルタ)←こいつは現場で奪ってきたやつね


な、なんと!
AcrossZeroとミラージュ、鬼神館殺人事件がなくなりました!
やったね日下、持って帰るものが少ないよ!! ※そんなことはなかった orz


なので、次どこかのイベントにでるとしても、持っていくものが凄く少なくなります(たぶん)。
AcrossZeroはもう少しだけジャケットが残ってますが、10枚くらいになるのかな?
前世もきっとそれくらいなので、誰かにお渡しできるCD媒体は全部で20部!!

ミラージュに関してはWebで公開しないので、CDがなくなった今、その他の人の元に届くことはないでしょう。
鬼神館は。。。あと一年くらいしたらWebで公開してもいいかなと思ってます。
でもむかぁしの作品だから、編集はズタボロだろうけどねw


当日お会いで来た方も、そうでなかった方も、ありがとうございました。
ブースに遊びに行って、でも知り合いがおらず、あちらを困らせたので後半は大人しくしておりました。
あれですよね、地方の民なので顔もあまり覚えられてないから、日下ですって言っても分からんわな!
しかもボイス活動はしてないに等しいのだから、企画者側に分かるわけないわw 申し訳ない。。。


春はM3に行くか迷い中ですね。
GGで新しいのは作らないので、春はまったりしている頃だと思うのですが。
お花見したいなぁ、毛虫はイランけど。


もう、まとまりない文章だこと!!


とりあえずAcrossが終わって日下は燃え尽き症候群中だと思います。
ながぁい作品だったので、ながぁくお付き合いしてきました。
台本の長さも過去最多、これ以上は絶対に書かないであろう長さでした。

次作が出てもミュージックCD1枚に収まるサイズなはずなので! そこまで長くならないよね!



ね!!



M3ではアクロス(英語疲れた。。。)に参加してくださった皆様に来ていただいてありがとうございました。
日下が挨拶できない人もおりましたが、ここで改めてお礼を申し上げます。


もしどこかで日下を見かけたら構ってあげてください。
ボイスコさんとして動いてないけど、演技はちょっとならできるから!



ね!!
posted by 日下稔 at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする